蒼梧ハイツの内覧レポート

内覧日:2019.9.11

田園調布に佇む高級コンパウンド「蒼梧ハイツ」
緑溢れる和の庭園を囲う4LDK超の外国人向け邸宅
蒼梧ハイツ 蒼梧ハイツ

大田区の高級住宅街、田園調布3丁目に佇む「蒼梧ハイツ」をご紹介します。日本で最初の相互会社「第一生命保険相互会社」を設立した矢野恒太氏の旧邸跡に建てられた、10棟の大型邸宅で構成される高級コンパウンドです。敷地中央に設けられた緑溢れる和の庭園を囲うように邸宅が配されています。敷地全体および各邸宅も緑の植栽で囲われていて、これは良好な住環境の維持・保全を図ることを目標とする「田園調布憲章」のルールに基づいたものでもあるそうです。間取りは4LDK~5LDK、専有面積は210.76㎡~345.68㎡、1階にリビングダイニングやキッチンなどのパブリックスペース、2階にベッドルームやバスルームなどのプライベートスペースを設けた外国人向けのフロアプランとなっております。竣工年は建物により異なり、1986年(昭和61年)に1・3・4・5・6号棟、1989年(平成元年)に2号棟、1998年(平成10年)に7・8・9・10号棟が建てられました。4号棟、2号棟、8号棟を詳しくご紹介します。

4号棟(1986年竣工)
木漏れ日が差し込むリビングダイニングに設けられた暖炉が魅力

蒼梧ハイツリビングルーム

最初に建てられた4号棟は1986年(昭和61年)竣工、敷地の北東角に位置します。1階にはリビングルームとダイニングルーム、ファミリールームが併設されているキッチン、メイドルームがございます。南東向きのリビングダイニングには木漏れ日が差し込み、本格的な暖炉が備えられております。広々としたテラスにも緑が溢れ、周囲の視線を気にすることなくお過ごしいただけます。

蒼梧ハイツ間取図間取りは4LDK+S、専有面積は247.66㎡
蒼梧ハイツ ホームバーキャビネットリビングルームには簡易キッチンが隠されていて来客時に便利です。
蒼梧ハイツ 暖炉暖炉で使用する薪は田園調布駅前でも購入することができるそうです。
蒼梧ハイツ ダイニングルームリビングルームとファミリールームを繋ぐダイニングルームからもテラスに出入りできます。
蒼梧ハイツ ファミリールームキッチンに併設されているファミリールームはご家族のプライベート空間となります。
蒼梧ハイツ キッチンキッチンにはドイツ・Miele製の冷蔵庫、食洗器、IHクッカー、オーブンなどが備えられております。
蒼梧ハイツ 階段2階は南東にマスターベッドルーム、南向きのベッドルームが2部屋、北向きのベッドルームが1部屋、階段の正面がバストイレです。
蒼梧ハイツ マスターベッドルームマスターベッドルームは18.3帖、正面にクローゼット、左手前にウォークインクローゼットがあります。左奥がバストイレです。
蒼梧ハイツ グルニエ屋根裏にも収納スペースがあります。2階廊下に設けられた収納式折階段を用いて登り降りすることができます。
2号棟(1989年竣工)
開放的なキッチンが特徴、2号棟のみインドアガレージ付き

蒼梧ハイツキッチン

2号棟は1989年(平成元年)竣工、敷地の東側に位置します。1階のリビングルームとダイニングルームは南向きとなっており、開放的なカウンターキッチンが特徴です。アメリカ・Amana製のガスレンジが備えられており、収納も豊富で使い勝手の良さが魅力です。2号棟にもリビングダイニングに本格的な暖炉と、緑が溢れるテラスがございます。

蒼梧ハイツ間取図間取りは4LDK、専有面積は211.51㎡
蒼梧ハイツ リビングルーム暖炉はクリスマスシーズンに装飾を施しサンタクロースを待ちたくなるような雰囲気です。
蒼梧ハイツ インドアガレージインドアガレージ付きは2号棟のみです。(駐車場2台分賃料込み)
8号棟(1998年竣工)
瀟洒な洋風建築と和の庭園が融合する8号棟

蒼梧ハイツ ロビー

竣工時期が最も新しい8号棟は1998年(平成10年)竣工、敷地の北西角に位置します。エントランスロビーは吹き抜けとなっていて、お洒落なシャンデリアが飾られています。高い位置に窓が大きく採られているので、自然光も差し込む開放的な空間となっております。

蒼梧ハイツ暖炉

8号棟のリビングダイニングに備えられた暖炉は大理石調のデザインで、先に紹介した2棟とは異なるモダンな雰囲気です。暖炉に使用する薪もインテリアの一部になりますね。

蒼梧ハイツ間取図間取りは4LDK+S、専有面積は247.97㎡
蒼梧ハイツ リビングルーム1階のリビングルームとダイニングルームは南向き、四季の変化をお部屋からも楽しめます。
蒼梧ハイツ テラステラスに面した庭園には梅の木があり、自家製の梅酒にして味わうのがおすすめだそうです。
蒼梧ハイツ キッチンキッチンは西洋風の可愛らしいデザイン、お気に入りの食器をディスプレイできます。
蒼梧ハイツ ユーティリティドイツ・Miele製の洗濯機と乾燥機が備えられており、裏口から外に出入りできます。
蒼梧ハイツ 階段2階の廊下の一部がエントランスロビーの吹き抜け空間に面し、1階と2階の一体感があります。
蒼梧ハイツ マスターベッドルーム南向きのマスターベッドルームは多摩川を挟んで武蔵小杉方面の住宅街を望む眺望です。
蒼梧ハイツ バスルームマスターベッドルームのバスルームは、手前からパウダースペース(2ボウル)、トイレ、バススペースです。
蒼梧ハイツ バスルームファミリー用のバスルームはブルーの大判タイルを用いた高級感のあるデザインです。
田園調布駅
田園調布駅を中心に放射線状に広がる住宅街

蒼梧ハイツ 田園調布駅

田園調布は田園調布駅を中心に放射線状に住宅街が広がっています。街の中心である東急東横線田園調布駅(約550m)には、ドイツ民家を模した旧駅舎が復元されています。「東急ガーデンスクエア」があり、スーパー(プレッセ田園調布店)、ドラッグストア(マツモトキヨシ田園調布店)、カフェやベーカリー(スターバックス等)、クリニック(田園調布ファミリークリニック[内科/小児科/婦人科/皮膚科/脳神経外科/神経内科/アレルギー科/外科])(ヴェルデ矯正歯科[矯正歯科])、金融機関のATM(三菱UFJ銀行ATM)(ゆうちょATM)、書店や雑貨店などが揃っています。
東急ガーデンスクエア 公式サイト https://www.tokyusquare-gardensite.com/

蒼梧ハイツの特集に戻る 蒼梧ハイツの空室一覧