Vol.36 ビジネス、買い物の街から住む街、暮らす街へ。西新宿が変わる | 東京の高級賃貸マンションなら[TokyoRent]

TokyoRentとは?

0120-76-3219

  • 9:00-18:00 (月-金)
  • 9:00-15:00 (土)

お問合せ

検討中リスト


高級賃貸TOP > プラティーヌ新宿新都心 > Vol.36 ビジネス、買い物の街から住む街、暮らす街へ。西新宿が変わる

TokyoRentコラム

Vol.36 ビジネス、買い物の街から住む街、暮らす街へ。西新宿が変わる 2008/08/20

高層ビルの集中する西新宿エリア。電車、道路網が発達していること、広い土地があることなどから、まだまだ開発の余地がある

昭和30年代から副都心として整備されてきた新宿駅西口エリア。オフィス、ホテル、商業施設に都庁といった施設の印象から、ビジネスや買い物の街と思われがちですが、最近では足回り、生活の利便性を生かした高級賃貸が増加中。変化を続ける西新宿の今、そして将来をご紹介します。

都心暮らしの魅力が集約された街新宿。開発の主役は今、住宅に

新宿MAP

宿駅の西口、町名で言うと西新宿は新宿駅を頂点に北に青梅街道、南に甲州街道、東西に山手通りといった幹線道路に囲まれたおおよそ三角形のエリアです。電車でいえば、青梅街道沿いを東京メトロ丸の内線が走り、甲州街道沿いを京王線、そしてエリアの真ん中を大江戸線が走っており、新宿駅へ徒歩圏というだけでなく、場所によっては上記3路線を使い分けることも可能。車でも電車でも便利なロケーションというわけです。足回りだけでなく、新宿には5軒のデパートに映画館、劇場、レストラン、日本を代表するハイクラスなシティホテルなどいろいろな施設が集まっていますから、生活の面でも利便性の高いエリアです。

さて、この西新宿エリアの開発は三角形の中心にある新宿中央公園、都庁から駅の間、町名で言えば西新宿1丁目、2丁目と6丁目の一部から始まりました。日本の200m超の高層ビルの先駆けとなった昭和49年の新宿住友ビル以来新宿三井ビル、京王プラザホテル、新宿野村ビルなどなど、数多くの高層ビルが建設され、それが今の西新宿のイメージとなっています。そして今、開発は西新宿6丁目、同8丁目、北新宿などへと拡大、それに伴ってオフィスだけの開発から住宅を主体とした開発に移行しつつあります。

住宅を中心に工事中の西新宿6丁目西エリア(撮影/2008年4月)

例えば、2年後の平成22年の完成を目指して建設が進められている西新宿6丁目西第6地区の再開発では約1.7haの土地に住宅、オフィス、商業施設、駐車場などが整備されますが、うち住宅戸数は全体で850戸にも及ぶのだとか。住宅中心の計画と言っても過言ではない規模です。

足回りと生活の便利さに加え、眺望、値頃感も西新宿の魅力

プラティーヌ新宿新都心
Iタイプのリビングからは都庁、新宿中央公園を望める。ビル群に加えて四季を感じさせてくれる公園の木々が見える点が魅力だ

では、住む場所、住まいとしての西新宿の魅力はどこにあるのでしょう。前述した足回り、生活の利便性はもちろんですが、まず挙げられるのは西新宿にある多くの物件が売りのひとつにしている眺望です。例えば西新宿4丁目にある「プラティーヌ新宿新都心」の都心部側では新宿中央公園の緑と高層ビル群の眺望が楽しめますし、渋谷方向には代々木公園の緑も。天気が良ければ西側に富士山も望めます。この物件では8階以上を住居としているため、眺望が悪い部屋がない点もうれしいポイントです。ちなみに「プラティーヌ新宿新都心」では新宿駅との間で入居者専用の無料シャトルバスを運行しており、通勤時間帯には数分に1本の頻度。通勤にはもちろん、駅近くに買い物、遊びに出るときなどにも便利です。

プラティーヌ新宿新都心
単身者向きの1LDK(Aタイプ)。専有面積41.48m2の中に11.01畳のLDK、7.16畳の洋室、水回りなどが機能的に配されている

次に挙げられるのは賃料の値頃感。例えば、港区内でも比較的手頃な芝浦あたりと比べても借りやすい印象があり、実際港区から引っ越してくる人も少なくないとか。特に単身者や働くカップルにとっては、それほど無理のない賃料で足回り、生活の利便性に加え、眺望も手に入るとなれば、魅力的なはずです。

3年間で1000戸以上 供給増に伴い、便利さアップへの期待も

現在工事が進む西新宿6丁目西地区は元々は小規模な建物が密集していた地域。生まれ変わる日も近い

もうひとつ、将来性も隠れた魅力のひとつ。前述の西新宿6丁目西第6地区、「プラティーヌ新宿新都心」を手がける住友不動産だけでも、平成21年に西新宿 7丁目の青梅街道沿いに100戸、平成23年に西新宿8丁目で100戸程度と立て続けに賃貸住宅建設を予定しており、今後3年間で1000戸ほどが供給されることに。

もちろん、それ以外にも北新宿でも再開発に伴って住宅供給が予定されていますし、まだ表面化していないものの、西新宿3丁目、同5丁目にかけても再開発の計画が囁かれています。当然、住宅供給が増えれば住む場所としての認識が一般化してくるでしょうし、それに伴い、スーパーなどの生活利便施設が増え、暮らしが便利になるのも期待できるところです。

また、平成25年度に首都高の中央環状品川線が完成すれば、東名や関越道その他へのアクセスが良くなり、足回りはさらに便利に。住む街としての西新宿の魅力も一段と高まりそうです。

【今回ご紹介した物件】
プラティーヌ新宿新都心
住所:東京都新宿区西新宿4  交通:大江戸線「都庁前」駅8分(※無料シャトルバス利用可能)  竣工年月:2008年5月
【LINK】
関連リンク
新宿区高級賃貸マンション一覧
【文・構成】
中川寛子(なかがわひろこ)
借りる、買う、貸す、建てるなど、住まいに関する雑誌、書籍、インターネットなどの編集に携わること20数年。
長らく表参道に暮らし、都心居住の快適さを身をもって実感してい る。All About「住みやすい街選び(首都圏)」ガイド。

Tokyorentコラム一覧へ