TokyoRentコラム

Vol.97「暮らす」と「働く」をひとつに。
ザ・パークハビオSOHO代々木公園の
一歩先行く豊かな暮らし

Vol.97「暮らす」と「働く」をひとつに。
ザ・パークハビオSOHO代々木公園の
一歩先行く豊かな暮らし

  • Mansion
  • Facility
  • Lifestyle
  • Development
ザ・パークハビオSOHO代々木公園

26/10/2022

在宅で働く人が増えたことを受け、ワークスペースを設置した賃貸住宅が目につくようになりました。明治神宮に隣接するザ・パークハビオSOHO代々木公園も1階にコワーキングスペースを設けた「暮らす」と「働く」がひとつになった住まいですが、他の類似した物件とは異なり、企画がスタートしたのはコロナ禍以前の2019年1月。将来の働く、暮らす意味を熟考し、時代を先取りしたプロジェクトというわけで、その結果としての 物件には他と異なる特徴、魅力が散りばめられています。完成直後の現地を見学してきました。

時間、空間、費用を賢く使う「スタイルラウンジ」

ザ・パークハビオSOHO代々木公園スタイルラウンジ建物1階にコワーキングスペースとして設けられたスタイルラウンジ。外からはカフェのように見えるスタイリッシュな空間だ

ザ・パークハビオSOHO代々木公園が立地するのは小田急線参宮橋駅東口から歩いて4分、道を挟んで明治神宮と向かい合う場所です。三菱地所レジデンスの新シリーズ「ザ・パークハビオSOHO」としては大手町に次ぐ2棟目で、続いては2023年5月に東急東横線祐天寺駅東口徒歩1分の場所に3棟目が予定されています。

参宮橋駅参宮橋駅(西口)小田急線参宮橋駅は2018年~2020年に駅改良工事が行われ、木の温かみを感じられる空間に生まれ変わった。使われているのは多摩産材
明治神宮明治神宮東京ドーム15個分の広さを持つ明治神宮は全国から献木された木々が深い森となっており、都心部の貴重な緑地として親しまれている

この新シリーズの特徴は「暮らす」と「働く」をひとつの建物内にまとめ、時間、空間、費用を賢く活用できるようにしたこと。そのために設けられているのが1階のスタイルラウンジです。

上階が自分の住まいですから、通勤時間は不要。部屋から出て降りてくるだけでオフィス仕様の設備が整った空間が用意されており、ストレスなく仕事が進められます。法人登記が可能なので、スタートアップ企業、副業・複業を考えている人もオフィスと住宅で二重の賃料を払う必要がなくなります。

しかも、スタイルラウンジと名付けられているだけあり、絵になる、気持ちよく背筋の伸びる空間となっており、外からはまるでカフェのように見えるほど。間違えて入ってくる人がいても不思議ではありません。

時代に先駆けた提案が形に

こうした豊かなワークスペースが生まれる契機になったのは三菱地所グループ内での新規事業提案制度。働き方改革という言葉に通勤時間不要の住まい、オフィスと住宅の中間領域のビジネスを考えたという提案者の福井一哉氏(三菱地所レジデンス賃貸住宅計画部計画第四グループ主任)は以前は分譲マンションの担当でした。

「分譲マンションではエントランスを入ったところに高額なソファを配したラウンジ、ライブラリーなどの空間を作るのが一般的ですが、物件によってはあまり使われないことがあります。何をするスペースか明確でないことが理由だろうと思いますが、せっかく作ったスペースを使っていただけないのはもったいないこと。もっとお住まいの方に喜んでいただける空間を作れないだろうかと常々思っていました」。

その一方で当時話題になったのが過労死問題。福井氏は働き方を変えるためには通勤時間を無くすことができればよいのではと考えました。自宅あるいはその近くで働くという手です。そのための場としてコワーキングスペースが急増している時期でしたが、それもあまり使われていない様子。調べてみると、社外や我が家から離れたコワーキングスペースでは行くために時間がかかり、通勤と変わらない上、仕事場として空間がそれほど快適でないことが要因と思われました。

であれば、どのような場があれば通勤時間を無くして快適に働き、暮らせるか。福井氏はIT系企業、テレワークを可としている企業などに勤務する28名にそれぞれ1時間のロングインタビュー、500名弱を対象にしたWebアンケートを実施。家、カフェ、コワーキングスペースそれぞれで働く場合の問題点、フリーランスの問題点などを抽出。それらのすべてをクリアする住まいを検討した結果が新シリーズ、ザ・パークハビオSOHOです。

2019年1月の提案時点ではテレワーク、在宅勤務などといった言葉自体がまだまだ一般的ではなかったことを考えるとその先見性には驚かされます。実際の物件の完成が3年半後になったのは土地の購入から始まり、細部に至るまで徹底的に企画を詰めてきたため。実際の物件を見学するとその計画の緻密さに圧倒されます。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園
ザ・パークハビオSOHO代々木公園
【公式】ザ・パークハビオSOHO|三菱地所レジデンス株式会社別タブあるいは別ウィンドウでページを開きます

スタイリッシュな仕事場には様々な気配りが

では、実際の物件を見て行きましょう。参宮橋駅から歩いていくとガラス張りの1階がひときわ目立つのがザ・パークハビオSOHO代々木公園。小田急線の線路に沿った細長い建物となっており、思わず覗き込みたくなるほどの存在感です。これは意図したもので、「外に見せたい、見せるようにしている」と福井氏。憧れられる空間を目指しているということでしょう。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園外観参宮橋駅方向から見た外観。ガラス張りの大きな窓からは暖かい光が漏れ、目を惹く
ザ・パークハビオSOHO代々木公園外観(スタイルラウンジ)建物外部には座った時に机から下が見えない高さを意識した植栽が用意されている

建物中央にあるエントランスはギャラリーを思わせる空間で正面には針葉樹を使ったウォールアート。明治神宮に近いということで緑、木が随所に使われており、土地に対するリスペクトを感じます。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園ウォールアート共用部のデザインはフラワーショップ「青山フラワーマーケット」を全国に展開する株式会社パーク・コーポレーションが監修。木のウォールアートも同社によるもの

24時間利用できるスタイルラウンジにはオープン、クローズドの2種類の席が用意されています。入ってすぐの壁際、公道側に4室ずつ用意されているのは1名用のクローズドの個室で、特筆すべきは公道の明治神宮側の席。座ると目に前に緑が広がるのです。

デスクには縦にも横にも使える27インチの大型モニターが用意されており、効率よく作業できそう。デスクの脇のフック、手元だけを明るく照らす照明など使い勝手を考え抜いた造りも他では見かけません。

反対側の個室は壁に囲まれていますが、こちらは集中したい時向き。短時間で何かをまとめる場合などに重宝しそうです。

入口近くには、定員8名、50インチのモニターが設置された会議室も2室用意されており、こちらは外部の方も利用できます。面白いのは木目シートのホワイトボード。緑と木というキーワードが徹底されているのです。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園スタイルラウンジ(個室ブース)個室ブース。可動式のモニター、照明などが用意されており、大きな画面で快適に作業ができる
ザ・パークハビオSOHO代々木公園スタイルラウンジ(ミーティングルーム)壁掛け式のモニターが用意されたミーティングルーム。壁はホワイトボードとしても使える仕様

オープン席は公道、線路の両側と室内中央に用意されており、計34席。中央の席には27インチの大型モニターが用意されています。中央のテーブルは6mもの長さの一枚板で特注して製作したものとか。柔らかい色合いの椅子はオカムラ、カワジュンの疲れにくいオフィス仕様の品です。

カラースキームはリゾートホテルをイメージし、自分との時間や感性を大切にする人に向けた上質な空間を意識したと福井氏。「家具、色遣いや照明その他細部にまで手を抜かずに自分たちで考えました」。そのこだわりはBGMやトイレ内部にまで及んでおり、内覧で訪れた際にはぜひ、自分の目と耳で確認していただきたいものです。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園スタイルラウンジオープンスペースは大きな窓に囲まれた開放的な空間。左側の窓からは小田急線が見え、鉄道好きには心躍る空間。奥の窓からは植栽の緑が望め、夜間はライトアップも
ザ・パークハビオSOHO代々木公園スタイルラウンジスタイルラウンジを入ったところにある木をイメージした柱。内部はトイレになっているが言われなければ分からない。柱の手前にはソファなどが置かれる予定
ザ・パークハビオSOHO代々木公園スタイルラウンジ(女性トイレ)おしゃれを忘れたくない女性の気持ちに配慮、前室、洗面カウンターを設けた女性トイレ。男性トイレは前室のないコンパクトな空間となっている
3Dバーチャルツアー(Matterport)

新宿の眺望が楽しめるスカイラウンジも魅力

ザ・パークハビオSOHO代々木公園スカイラウンジスカイラウンジは場所によって使い方、気分が変わるように4つのコーナーが作られている

スタイルラウンジに次いで魅力的なのはスカイラウンジと名付けられた屋上。ここには、パーゴラがあってのんびり寛ぐためのリラックステラスや、仕事やランチに使いやすそうな堀こたつ式の席、テーブル席があるルーフテラスのほか、寝転がるための家具が用意された芝生スペース・スカイテラスにドッグランまでが用意されており、その日の気分、やりたいことで使い分けられるようになっています。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園スカイラウンジ(リラックステラス)パーゴラのある、少し低くなったリラックステラス。明治神宮の緑、新宿の高層ビル群を眺めながらのんびりという空間
ザ・パークハビオSOHO代々木公園スカイラウンジ(ルーフテラス)テーブル席、掘りこたつ席が用意されたルーフテラス。電源も用意されているのでここで仕事という手も
ザ・パークハビオSOHO代々木公園スカイラウンジ(スカイテラス)弾力性のある家具が用意されたスカイテラス。寝転がって空を眺められる場所が身近にあるのはうれしい

Wi-Fiが使え、ルーフテラスには電源が13カ所も用意されているので第二の仕事場として考えても十分。加えて素晴らしいのは新宿の眺望。屋上ですから開放的なのは当然ですが、特にスカイラウンジからの眺めは絶景の一言。我が家に籠って仕事に集中する忙しい毎日でも屋上に上がれば気分一新、気持ちを切り替えられることでしょう。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園スカイラウンジからの眺望スカイラウンジからの新宿の眺望。天気が良い日には非常にクリアに見えて驚くほど

ドッグランもペットを飼っている人にはうれしい設備。「ドッグランで有名な代々木公園に近い立地でもあり、当物件ではペット飼育が可能。忙しくて代々木公園まで行けない時でも屋上にドッグランがあれば便利と考えて設置しました」。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園スカイラウンジ(ドッグラン)忙しくて愛犬を散歩に連れ出せなくても屋上にドッグランがあれば愛犬に我慢させる必要なし。Wi-Fiがあるので仕事も続けられる
ザ・パークハビオSOHO代々木公園ペットバス1階に用意されたペットバス。足洗い場が用意されたペット可物件はよくあるが、ペットバス付物件は希少

ペット環境では、1階に用意されたペット専用バスもほとんど見かけない、希少な施設。小型犬であっても我が家でシャンプーするのは大変と用意したものです。

バスタブ脇にはコンセントがあるので、ドライヤーを持参すれば愛犬をその場で乾かして部屋に戻れます。隣にはロッカーが用意されており、愛犬家がドライヤー、タオルその他を事前に入れておくほか、ランニング前に荷物を入れておくこともできます。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園LUUP(電動キックボード)1階には電動キックボード、電動アシスト自転車をシェアできるサービス、LUUPのポートも用意されている

1階にはもうひとつ、最近都心でよく見かけるようになった短距離移動時に便利な電動キックボード、電動アシスト自転車シェアサービスのLUUP別タブあるいは別ウィンドウでページを開きますのポートも用意されます。思いついた時にさっと使えるので、買い物に、ランチに、遊びに重宝するはずです。

※LUUPの電動キックボードはご利用エリア内で小型特殊自動車として走行できます。ご利用する際には必ず小型特殊自動車を運転するために必要な運転免許証を携帯してください。

※必要な運転免許証とは、普通免許や普通二輪免許が含まれ、原動機付自転車の免許は含まれません。

開放的な住戸に配慮の行き届いた使い勝手

こうした気配りはもちろん住戸にも及んでいます。住戸は22.23㎡の1K+SICから35.68㎡の1LDK+WIC+SICなど単身からディンクス向きの81戸となっており、一部にはロフト付き、ペントハウスなども。

いくつかの部屋を見せていただいたのですが、共通の大きな特徴は前面に建物がないことです。明治神宮の緑が望める部屋が少なくなく、窓一面に緑が広がる部屋もあり、とても都心にいるとは思えないほどです。カーテンが無くても良いのではと思える部屋もありました。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園モデルルーム(Mタイプ)22.27㎡のMタイプ、1Kの室内。バルコニーは明治神宮に向かいあっており、全面緑という部屋も。インテリアは室内を広く見せるWHITEタイプ
ザ・パークハビオSOHO代々木公園モデルルーム(Cタイプ)35.22㎡のCタイプ、1LDKの室内。壁面にはピクチャーレールが配されており、好きな絵や写真を飾れるようになっている。インテリアはシックなMEDIUMタイプ
ザ・パークハビオSOHO代々木公園モデルルーム(Cタイプ)同じCタイプのキッチン。上部には収納があり、左側に見えている格子部分は濡れたものを入れても自然に乾かせるようになっている

手間のかかるところにも使い勝手を考えて収納を作るなど、徹底した住む人目線の造りも印象的でした。普通なら途中までしか収納にしないような場所も、天井近くまで使えるようになっているなど「こんなところにも!」と驚くような収納が多く、現場は大変だっただろうと頭が下がりました。

モデルルームは住む人を具体的に想定、その人の暮らしぶりに合わせてあったら便利でうれしいものを用意。使い勝手を徹底的に考えてセンスよく配した結果でしょう、モデルルームはそのまま住みたいと言われることもあるほどの完成度。これも見学時にはぜひ自分の目で確かめていただきたいポイントのひとつです。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園エントランス(Mタイプ)Mタイプの玄関。入ったところには洗濯機置き場が用意されており、上部には洗濯物を干せるバーも
ザ・パークハビオSOHO代々木公園ドレッシングルーム(Mタイプ)Mタイプのトイレ、ドレッシングルーム。作れるところにはすべて収納が作られている。ローシルエット式トイレで見た目もすっきり
ザ・パークハビオSOHO代々木公園バスルーム(Mタイプ)浴室暖房乾燥機を備え、排水に便利なプッシュ式排水栓のバスタブが配された浴室
ザ・パークハビオSOHO代々木公園内廊下落ち着いた雰囲気の内廊下。一度建物内に入ったら濡れる心配がなく、防犯面でも安心感がある

もうひとつ、ここまで気を遣うのかとびっくりしたのが内廊下の造り。少し奥まった住戸扉は独立感が強く、我が家への愛着を深めます。上部の壁と巾木の色を揃えて統一感を出す、防火扉などにシートを貼って金属のそっけない感じを消すなど、いずれも賃貸マンションではほとんどやられていないこと。

一見普通に見えて実は手が込んでいる工夫、配慮が随所にあり、徹底的という言葉が思い出されました。単にワークスペースを用意しただけの物件なら世に増えてきていますが、同じ住むなら、ここまで深く考えられ、愛情を持って作られた部屋に住みたいものです。

【コラム】ロフト付き、開放感たっぷりの住戸も

6階には天井高3.75mという圧巻の開放感を楽しめるロフト付き住戸もあります。特に角住戸のALタイプは玄関を入ったところに衣類を飾りながら収納することができる広いユーティリティースペースが設けられており、ファッション好きなら心が動くのでは。

インテリアのアクセントともなる黒い手すりのあるロフトは8.1畳の広さがあり、照明、コンセントも設置されています。愛猫のために壁際にはキャットウォークも用意されていますが、もちろん、収納として使うことも。これだけの広さがあれば使い方に悩みそうです。

ザ・パークハビオSOHO代々木公園居室(ALタイプ)42.69㎡、1Kにロフトの付いたALタイプ。居室12.5畳にロフトが8.1畳あり、ゆったりとした空間が印象的
ザ・パークハビオSOHO代々木公園ユーティリティースペース(ALタイプ)玄関を入ったところに用意されたユーティリティースペース。衣類収納に使えるのはもちろん、棚を利用すればかなりのものが収まるはず
ザ・パークハビオSOHO代々木公園キャットウォークカウンター(ALタイプ)ロフト内のキャットウォーク。もちろん収納としても使える

【コラム】とっておきの一部屋、
専用ルーフバルコニー付きペントハウスを拝見

最上階の7階に一部屋、ペントハウスがあります。ホームパーティーを意識して作られており、何よりの特徴はリビング。大型キッチンが配され、その先にはアウトドアファニチャーが設置された広いルーフバルコニーが広がっているのです。内と外を出入りしながら楽しめる仕様というわけで、眼下には明治神宮の緑。目を上げれば都心の眺望が楽しめる空間です。

4.3mの大型キッチンは幅も1mと規格外サイズ。集まった人たちでキッチンを囲んで料理、会話を楽しむ姿が想像できます。キッチンのリビング側は収納になっており、食洗器、3口のガスコンロ、ゴミ箱置き場も用意されています。

洗面所にはダブルシンク、バスルームにはミストサウナも用意されるなどリビング以外もスペシャルな造りで、専用エレベーターホールはスカイラウンジにも繋がっています。生活をフルに楽しみたい人向けのとっておき。そんな言葉が似合う部屋です。

360°パノラマ写真
ザ・パークハビオSOHO代々木公園居室(ペントハウス)ペントハウスのキッチンからリビング越しにルーフバルコニーを見たところ。二方向に窓があり、明るい
ザ・パークハビオSOHO代々木公園キッチン(ペントハウス)特注のキッチン。幅が広く、その下にはたっぷりの収納も。奥の天板下にはゴミ箱スペースも設けられている
ザ・パークハビオSOHO代々木公園ルーフバルコニー(ペントハウス)アウトドアファニチャーが用意されたルーフバルコニー。共用のスカイラウンジとは住戸を挟んで反対側にあり、特別感たっぷり

【取材協力】

三菱地所ハウスネット株式会社

【文・構成】

中川寛子(なかがわひろこ)
東京情報堂代表。街選びのプロとして首都圏のほとんどの街を踏破した、住まいと街の解説者。
早稲田大学教育学部で地理・歴史を学び、卒業後は東洋経済、ホームプレス、東京人その他の紙、ウェブ媒体で編集者、ライターとして記事、書籍等を手がけており、主な著書に「この街に住んではいけない」(マガジンハウス)、「解決!空き家問題」「東京格差」(ちくま新書)その他著書、かかわった本多数。日本地理学会、日本地形学連合、東京スリバチ学会会員。宅地建物取引士、行政書士有資格者。

今回ご紹介した物件

  • ザ・パークハビオSOHO代々木公園

    住所
    東京都渋谷区代々木5
    交通 /
    駅徒歩
    小田急線 参宮橋駅 徒歩4分 他
    間取り
    1K~2LDK
    賃料
    17.5万円~71.8万円
  • ザ・パークハビオSOHO大手町

    住所
    東京都千代田区内神田1
    交通 /
    駅徒歩
    丸ノ内線 大手町駅 徒歩7分 他
    間取り
    1ROOM~1LDK
    賃料
    15万円~37万円

おすすめコラム

  • 虎ノ門ヒルズ森タワーから8年、これからも変化が続く街「虎ノ門」に住むということ
    Vol.96
    2022/07/27
    虎ノ門ヒルズ森タワーから8年、これからも変化が続く街「虎ノ門」に住むということ
    • Mansion
    • Area
    • Development
  • ハードとソフトを一体で追求した新たな住宅 「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」
    Vol.95
    2022/05/27
    ハードとソフトを一体で追求した新たな住宅 「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
    • Development
  • 30余年前の最先端にこれからの機能を追加 新生・リバーシティ21の変わらない魅力、加わった魅力
    Vol.94
    2022/03/22
    30余年前の最先端にこれからの機能を追加 新生・リバーシティ21の変わらない魅力、加わった魅力
    • Mansion
    • Facility
    • History
    • Development
  • スマホと音声で家電類をコントロール、「ザ・パークハビオ 麻布十番」に見る住まいの未来
    Vol.93
    2021/12/13
    スマホと音声で家電類をコントロール、「ザ・パークハビオ 麻布十番」に見る住まいの未来
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
    • Lifestyle
  • 愛宕グリーンヒルズフォレストタワー20年目の大変身を見る
    Vol.92
    2021/08/04
    愛宕グリーンヒルズフォレストタワー20年目の大変身を見る
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
    • Area
    • Development
  • 緑と空を満喫できる閑静な高台に立地、「瀬田の杜 Garden&Terrace」の豊かさを実感
    Vol.91
    2021/04/09
    緑と空を満喫できる閑静な高台に立地、「瀬田の杜 Garden&Terrace」の豊かさを実感
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
    • Area
    • History
  • 吉祥寺の人気スポットを我が家の庭に「ル シエル 井の頭公園」唯一無二の魅力
    Vol.90
    2021/03/11
    吉祥寺の人気スポットを我が家の庭に「ル シエル 井の頭公園」唯一無二の魅力
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
  • 水辺立地に緑の環境、最先端設備……、東京ポートシティ竹芝に見る「これからの暮らし」
    Vol.89
    2020/11/04
    水辺立地に緑の環境、最先端設備……、東京ポートシティ竹芝に見る「これからの暮らし」
    • Mansion
    • Facility
    • Lifestyle
    • Area
    • Development
  • 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーに虎ノ門ヒルズ駅も完成、全貌が見えてきた虎ノ門エリアの今
    Vol.88
    2020/09/08
    虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーに虎ノ門ヒルズ駅も完成、全貌が見えてきた虎ノ門エリアの今
    • Mansion
    • Area
    • History
    • Development
  • 西新宿でゆったり。広さと使い勝手にこだわったDマークス西新宿タワー
    Vol.87
    2020/06/09
    西新宿でゆったり。広さと使い勝手にこだわったDマークス西新宿タワー
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment

コラム一覧に戻る