Vol.50 都心で最初に職住近接を実現させた街に、新たなヒルズが誕生「アークヒルズ 仙石山森タワー」 | 東京の高級賃貸マンションなら[TokyoRent]

TokyoRentとは?

0120-76-3219

  • 9:00-18:00 (月-金)
  • 9:00-15:00 (土)

お問合せ

検討中リスト


高級賃貸TOP > アークヒルズ 仙石山レジデンス > Vol.50 都心で最初に職住近接を実現させた街に、新たなヒルズが誕生「アークヒルズ 仙石山森タワー」

TokyoRentコラム

Vol.50 都心で最初に職住近接を実現させた街に、新たなヒルズが誕生「アークヒルズ 仙石山森タワー」 2012/08/10

再開発計画目白押しの虎ノ門~神谷町エリアに新たなヒルズが誕生します。

都心を望む緑の高台、静かで文化的な環境の地に生まれるのは、地上47階、個性的な外観のタワーです。このうち、3階から24階までには243戸のレジデンスが用意され、話題を集めていますが、今回はこの場所の由来、立地、環境などをご紹介します。

愛宕山、城山そして仙石山、古くからの高台は地盤強固な歴史の地

東京都心部の地形は起伏に富んでいるのが特徴ですが、近年開発の進む虎ノ門~神谷町界隈もその典型。桜田通りの神谷町付近はかつて西ノ久保と呼ばれた低地で、その東に愛宕神社、西に城山、そして今回ご紹介する仙石山という高台があり、比高は20m近くある場所も。桜田通りから坂を上って仙石山に至ると、一気に視界が開け、目の前に東京タワーが姿を現すことからもその高さが分かります。ここは約15万年~7万年前にできた都心では最も古く、強固な土地なのです。

※ 仙石山エリアの地形図

敷地と芝公園の間は谷になっているため、敷地内からは東京タワーが一望できる

仙石山という地名は江戸時代、ここに但馬国(現在の兵庫県)出石藩仙石家の屋敷があったことに由来します。その後、関東大震災前までは華族となった仙石邸があり、地元の町会の防護團(戦時下の消防団のような組織)は昭和13年に町内の中心地に地名を刻んだ碑を建てています。平成元年から進められてきた街づくりに関する協議ではこうした地元の意向を優先、物件名に地名を残すことになったといいます。

緑と起伏を生かし、自然、環境に配慮したプランニング

このエリアは仙石邸のみならず、物件隣接地にかつて東久邇宮邸があったなど皇族、華族の屋敷があった住宅街。そのため、現地から見下ろすと周囲には緑が多く、また、幹線道路から少し入っているため、非常に静かです。今回の再開発では元々の恵まれた住環境をより生かすよう、敷地内に多くの植栽を配し、緑被率は30%。特に生物多様性に配慮、JHEP(日本生態系協会)から日本初、最高ランクであるAAAを取得しています。

仙石山周辺には古い寺社やホテル、大使館などの広大な敷地があり、緑が豊か
※CGはイメージであり、実際と異なる場合があります。

敷地内の自然を再生、保存することも開発の目的のひとつとあって、豊かな植栽が印象的

同時に環境にも配慮、敷地、屋内の緑化、LED照明の採用、太陽光発電装置の設置その他に取組み、環境性能評価の指標である「CASBEE」では最高ランクSを取得しています。緑と静けさに加え、独特なのは明治以降、各国の大使館などが置かれることで培われてきた国際的な雰囲気でしょう。

1986年にアークヒルズが誕生してからはこの周辺で働き、居住する欧米人がさらに増え、改めてインターナショナルという言葉を出さずとも、ごく自然に国籍の違う人が互いに快適に暮らせる環境が生まれてきているのです。もうひとつ、アークヒルズ内のサントリーホールや大倉集古館や泉屋博古館などをはじめとする、芸術、文化的な施設の充実もこのエリアに住む魅力のひとつです。

26年目のアークヒルズは地域の連携を深めるエリアマネジメントへ

ところで、日本初の民間による大規模複合再開発アークヒルズから26年。森ビルが今、目指しているのは単体の施設だけでなく、エリア全体の将来を見据えた開発であり、連携であるといいます。「アークヒルズ周辺エリアではアークヒルズ 仙石山森タワーに続き、21・25森ビル建替計画(2013年竣工予定)、環状第2号線プロジェクト(2014年竣工予定)をはじめ、森ビル以外の様々なプロジェクトも進行しています。国際的都市間の競争が激しくなっていく今後を考え、世界中の人や企業がここに住みたい、働きたいと思う街づくりが弊社がこのエリアに貢献できることの一つと考えています」(森ビル広報室 秋田朋宏氏)。

サントリーホール
1986年に東京初のコンサート専用ホールとして誕生したサントリーホール。響きの良さから、国内外の著名演奏家に愛されている

桜並木ライトアップ
2012年からはアークヒルズの桜坂、スペイン坂に加え、泉ガーデンの泉通りの桜並木のライトアップも行われ、全長約1km、約180本の染井吉野の桜のトンネルが実現

大倉集古館
明治~大正期に活躍した実業家大倉喜八郎が設立した日本初の私立美術館大倉集古館。日本、東洋の古美術を中心に幅広い収蔵点数を誇る

拡大する

※ アークヒルズ周辺エリア開発地図

大きな開発プロジェクトだけではなく、エリア全体の活性化に向けて様々な取り組みも始まっています。たとえば、昨年アークヒルズ25周年を機に行った「アークヒルズ音楽週間」では、サントリーホールを中心に、周辺施設でも音楽イベントが開かれましたし、春には、桜並木のライトアップが時期をあわせて泉ガーデンの並木道でも行われるなど、このエリアを訪れる方を楽しませる工夫も行われています。「アークヒルズ 仙石山森タワー」は、このエリアの核となる存在。住民や企業などが連携していくエリアマネジメントが、このエリアを魅力的にしていくといえそうです。

次回は「アークヒルズ 仙石山レジデンス」の詳細をご紹介します!

【今回ご紹介した物件]
アークヒルズ 仙石山レジデンス
住所:東京都港区六本木1  交通:南北線 六本木一丁目駅 徒歩4分  日比谷線 神谷町駅 徒歩6分  竣工:2012年8月
【LINK】
関連リンク
赤坂・六本木のエリア紹介
タワーマンション
【文・構成】
中川寛子(なかがわひろこ)
借りる、買う、貸す、建てるなど、住まいに関する雑誌、書籍、インターネットなどの編集に携わること20数年。
長らく表参道に暮らし、都心居住の快適さを身をもって実感している。All About「住みやすい街選び(首都圏)」ガイド。

Tokyorentコラム一覧へ