Vol.69 住友不動産のプレミアム賃貸シリーズ、4年ぶりに新宿と六本木に登場 | 東京の高級賃貸マンションなら[TokyoRent]

TokyoRentとは?

0120-76-3219

  • 9:00-18:00 (月-金)
  • 9:00-15:00 (土)

お問合せ

検討中リスト


高級賃貸TOP > La Tour[ラ・トゥール] 建物一覧 > Vol.69 住友不動産のプレミアム賃貸シリーズ、4年ぶりに新宿と六本木に登場

TokyoRentコラム

Vol.69 住友不動産のプレミアム賃貸シリーズ、4年ぶりに新宿と六本木に登場 2016/05/11

エリア周辺地図左/中央にそびえるのがラ・トゥール新宿ガーデン。緑の多い立地 右/中央が六本木グランドタワーレジデンス。左は同じ再開発エリア内の業務棟

2000年に港区芝公園に登場して以来、住友不動産の最高級賃貸ブランドとして都心に建設されてきた「ラ・トゥール」シリーズも含め、同社の新築物件が2016年春、4年ぶりに誕生します。場所は新宿と六本木。再開発で話題の街に生まれる新物件について聞いてきました。

都心立地にゆとりある広さ、
設備、サービスにも定評

ラ・トゥール代官山ラ・トゥール代官山敷地面積約1万5000㎡にゆったりと佇むラ・トゥール代官山。低層で落ち着いた佇まいが印象的ラ・トゥール三田ラ・トゥール三田田町駅近く、第一京浜沿いでひときわ目につく、個性的な外観のラ・トゥール三田。湾岸エリア一望の眺望が魅力

住友不動産の賃貸物件といえば「ラ・トゥール」シリーズを中心にこだわりに満ちた最高級クラスが揃います。全体としては2000年に港区芝公園に「ラ・トゥール」として誕生以来、千代田区、港区、渋谷区、新宿区、目黒区と都心に立地、2016年春に誕生した新宿、六本木で20棟になります。うち、14棟はすっきりしたラインが特徴のタワーで、今回誕生する2棟も同様。いずれも地域のランドマークとなることが期待されます。

都心立地の利便性はもちろんですが、平均で100㎡超という広さ、充実した設備に外国語も堪能なコンシェルジュ、24時間の有人管理、3重、4重のセキュリティなどが知られるところ。この質の高さが経営者や外資系ビジネスマン、外国人居住者など、安全で快適な暮らしを求める人たちに支持されているというわけです。

特に住友不動産の賃貸物件の特徴はシンプルで直線を基調としたデザイン。人によっては男っぽいと評することもあるようですが、これは無駄を極力省き、素材で勝負するという姿勢の表れ。住友不動産担当者によると「内装も含め、動線、共用部はできる限り無駄なく、シンプルにと考えています。廊下ひとつでも極力凸凹を排し、直線にすることで空間としての美しさが生まれますし、メンテナンスも容易になり、いつまでも美しさが保たれます。シンプルなデザインにすればするほど、質の良し悪しが分かるようになりますから、石や木など素材にはこだわって計画しています」。

もうひとつの特徴はエントランス。2層吹き抜けになっていたり、いくつかのコーナーに分けられるほどの広さがあったりと、入った時に格を感じる空間になっているのです。「エントランスは物件の顔ですから、それにふさわしい場にするのが基本。高額賃貸ではエントランスから部屋までが物件の価値を決めると思っており、そこまでの動線、質感は入念に計画します」。

大事なお客様を自宅に招くような立場、職業の人であれば建物の質にはこだわりたいところですが、同社の物件ではそれを意識、建物の素が見えるエントランスから住戸までが丁寧に作られているのです。では以下、新たに誕生する2物件を見ていきましょう。

未来の恵比寿ガーデンプレイスに?
山手線隣接の複合開発、ラ・トゥール新宿ガーデン

エリア周辺地図緑の多いエリアに立地するラ・トゥール新宿ガーデン周辺に視界を遮る建物がないことから、緑も含めた眺望が楽しめる

このところ、住む街としての人気が高まり、マスコミでも話題の新宿区。ラ・トゥール新宿ガーデンは山手線高田馬場駅至近、元々はJR東日本の社宅があった約2.2haの複合再開発で生まれる物件です。山手線内でこれだけのまとまった土地が出ることは過去にも少なく、今後はますます希少になるはずで、住友不動産が土地を取得した2005年以降、業界内では期待の声がありました。

ラ・トゥール新宿ガーデン 外観ラ・トゥール新宿ガーデン 外観山手線からでも目につく、特徴的な外観。地域のランドマークとして親しまれるようになるだろう

敷地は山手線と戸山公園に挟まれており、そもそも豊かな自然のある場所。加えて今回の計画では敷地の7割弱、1.5haが緑地になっており、非常に恵まれた住環境になっています。建物はオフィス棟、分譲住宅棟、そして賃貸住宅棟で、賃貸棟は37階建て、363戸。これは「ラ・トゥール」シリーズ中でも有数の規模で、特筆すべきは同シリーズには珍しく38㎡からのスタジオタイプというのコンパクトな間取りも含まれていることです。もちろん、100㎡超の間取りもありますが、単身者も住める「ラ・トゥール」なのです。

ラ・トゥール新宿ガーデン エントランスラ・トゥール新宿ガーデン エントランス広く、ゆったり取られたエントランスホール。窓外には都心にいるとは思えない、一面の緑が広がるラ・トゥール新宿ガーデン 駐車場ラ・トゥール新宿ガーデン 駐車場車好きにはうれしい、大型可の地下駐車場。地下にはトランクルーム、駐輪場、キッズルーム、フィットネスルームなども用意される

というのは同地は近くに早稲田大学理工学部や学習院女子大学その他の学校が多く、学生や大学関係者などの利用も見込まれることから。デザインも都市の暮らしを謳歌するバイタリティ溢れる男性単身者を意識したそうで、200㎡ほどもあるエントランスは「社内から立派過ぎるのではないかとの声もありました」とか。エントランスからエレベーターホールにかけては光の滝を思わせるようなガラスのストライプが基調になっており、モノトーンのスタイリッシュな雰囲気です。

もうひとつの特徴は大型駐車場。最近のSUV人気を受け、車は大型化していますが、タワーの機械式駐車場では入らないことが多く、好きな住まいを選べないこともあるとか。ところが、この物件では2600㎏対応で、これまで入らなかった車のほとんどが駐車可に。予算30万円ほどで探しており、かつ車のことで不満がある方なら一考の余地ありです。

ところで、この物件で想起するのは山手線内の数少ない複合大規模開発として大成功を収め、街のイメージを大きく変えた恵比寿ガーデンプレイス。信じられないかもしれませんが、30年前の恵比寿は山手線内では穴場な街と言われ、古い木造の、トイレ共同アパートが多く集まる街でした。ところが、ガーデンプレイスができたことで街のイメージが一新。今では住みたい街ランキングでトップに選ばれるほどの場所になりました。高田馬場は学生街で、どうしてもそれだけのイメージで見られがちですが、これまでにない印象的な一画が生まれたことで街全体が変わる可能性もあります。

セントラルパークタワーラ・トゥール新宿セントラルパークタワーラ・トゥール新宿働く、遊ぶ街という新宿の概念を変えたセントラルパークタワーラ・トゥール新宿。新宿にはもう1棟、ラ・トゥール新宿グランドもあり、どちらも人気

実際、ラ・トゥールシリーズには先例があります。「2010年に新宿中央公園に隣接する場所にセントラルパークタワーラ・トゥール新宿を作った時には『新宿に住みたい人がいるのか? 620戸も作って大丈夫か?』と言われたものですが、今、新宿が住みたい街となっているのはご存じの通り。あの物件がきっかけとなり、職住近接を意識する人が増え、都心に住みたい人が増えているのです。ビジネスでも人生でも時間は大切。都心に住めば、その時間を有効に使えます」。

すでに全国から問合せが入りつつあるそうで、注目度の高さがうかがえます。

すでに予想を超える反響。
都心ど真ん中の再開発エリア、六本木グランドタワーレジデンス

エリア周辺地図周辺も含めた六本木グランドタワーレジデンスの案内図周辺は近年の再開発で生まれ変わっており、交通の利便性に加え、生活利便性も高まった

東京メトロ南北線六本木一丁目駅に隣接、かつて六本木プリンスホテル、日本IBM本社があった一画の再開発で生まれるのが「六本木グランドタワーレジデンス」。敷地面積は約2.7haあり、そこに40階建てのオフィス棟とともに誕生します。建物は27階建てで総戸数は226戸(権利者住戸含む)。ここのところ、賃貸物件供給が少なかった六本木で久しぶりの新築ということで、同物件にはすでにかなりの反響があり、間取りによっては戸数以上の問い合わせもあるとか。さすがに人気の街、六本木です。

六本木グランドタワーレジデンス 外観六本木グランドタワーレジデンス 外観27階建て、免震構造で、東京メトロ南北線六本木一丁目駅直結。敷地の約30%が緑地という環境もうれしい 六本木グランドタワーレジデンス エントランス六本木グランドタワーレジデンス エントランス天井高4.3mの開放感と同時に重厚さも備えたエントランス。フロントにはコンシェルジュが24時間常駐する

外国人も多い六本木の土地柄に合わせ、同物件ではエントランスにほんの少し和のテイストが取り入れられています。それは和紙を用いて作られた光天井で、柔らかな光が入るのが特徴。また、敷地内、住宅棟に隣接して災害用仮設トイレ、災害用井戸を設置した約1400㎡の広場が作られ、緑も楽しめる住まいになりそうです。

間取りの中心は2LDK。もちろん、それ以上に広い間取りもありますが、これは麻布通りを挟んで3LDK、4LDK中心の泉ガーデンレジデンスがあり、それを補完するようにとの計画から。家族数、暮らし方に合わせて建物を選べるのです。

敷地内には3階建ての商業棟も作られますが、住宅棟とは離れた場所にあり、都心にありながらも喧噪とは離れた住環境が得られます。これも同社が高額賃貸を作る際にこだわっている点だそうで「複合的な機能を備えた建物を作るより、緑地を多くとり、あまり商業施設を入れないことで落ち着いた住環境を提供したいと考えています」とのこと。一歩出れば何でもそろう都心立地ですから、敷地内にあえて不特定多数が出入りする施設を作る必要はないというのがその考え。住環境を重視する人であれば惹かれるのではないでしょうか。

次回はこの2物件の実際をご紹介させていただきます。

【LINK】
住友不動産
最上級ブランドの「ラ・トゥール」をはじめとする、高級賃貸マンションを都心主要エリアに展開中。1R~6LDKまでの幅広いラインナップでお客様の御希望に応えます。住友不動産が極上の都心生活をお届けします。
La Tour[ラ・トゥール] 建物一覧
空間・立地・サービス、すべてが一級品。快適さと癒しを備えたこだわりのデザイナーズマンション。
【今回ご紹介した物件】
ラ・トゥール新宿ガーデン
住所:東京都新宿区大久保3-8-3
交通:R山手線「高田馬場」駅 徒歩5分・東京メトロ東西線「高田馬場」駅 徒歩6分
竣工:2016年3月
六本木グランドタワーレジデンス
住所:東京都港区六本木3-2-2
交通:南北線「六本木一丁目」駅 徒歩2分・日比谷線「六本木」駅 徒歩7分
竣工:2016年3月
【文・構成】
中川寛子(なかがわひろこ)
借りる、買う、貸す、建てるなど、住まいに関する雑誌、書籍、インターネットなどの編集に携わること20数年。
長らく表参道に暮らし、都心居住の快適さを身をもって実感している。All About「住みやすい街選び(首都圏)」ガイド。

Tokyorentコラム一覧へ