TokyoRentコラム

Vol.88虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーに
虎ノ門ヒルズ駅も完成、
全貌が見えてきた虎ノ門エリアの今

  • Mansion
  • Area
  • History
  • Development

09/08/2020

虎ノ門ヒルズ虎ノ門ヒルズ虎ノ門ヒルズ誕生からあっという間に6年。周辺の風景もずいぶん変化した

2014年の虎ノ門ヒルズ 森タワーの完成から6年。2020年1月には隣接地に虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーが竣工。森タワー竣工時には「計画がある」とされた日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ駅」も2020年6月に開業しましたし、森タワー内・オーバル広場から虎ノ門方面を見ると、当時は影も形も無かったホテルオークラのタワー棟「オークラ プレステージタワー」に「東京ワールドゲート」がそびえており、正面には虎ノ門ヒルズ ステーションタワー工事現場のクレーンも。2023年に向けてまだまだ変わる虎ノ門界隈ですが、全貌が予測できる状態にまでなった今の姿を見ていきましょう。

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーバスターミナルの開業は未定だが、それ以外は開業。これまでの虎ノ門よりも若い人たちの出入りが目立つ虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門ヒルズ駅2020年6月に開業した東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅。周辺の工事の進捗に合わせて変化していく予定
The Okura TokyoThe Okura Tokyo建替えが完了し、オフィス、ホテルともに活況を呈するThe Okura Tokyo。植栽も見事である

日比谷線虎ノ門ヒルズ駅完成で交通利便性が向上、
虎ノ門駅からは地下通路も

駅周辺図駅周辺図記事中で触れた主な開発、主な建物を中心に記したエリアの概念図。すべての再開発、建物ではない点にご留意を
虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門ヒルズ駅(A1出口)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー側に設けられた虎ノ門ヒルズ駅A1出口。現時点ではここに出ると虎ノ門ヒルズまで地上を歩くことになる
虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門ヒルズ駅(A2出口)A1出口の向かい側にあるA2出口。背後に虎ノ門ヒルズがあるという位置関係
虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門ヒルズ駅(B2出口)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの裏手にあるB2出口。銀座線虎ノ門駅からの地下通路からも利用できる
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地下2階)このエリアの地下通路は古い駅とは違い、いずれも幅が広く、今後、利用する人が増えても快適に使えるはず

まずは新しく誕生した東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅。これまで東京メトロ銀座線虎ノ門駅から約400m以上地上を歩く必要があったことを考えると、がぜん便利になりました。中目黒方面行の1番線側の改札を出ると森タワー、同ビジネスタワーに直結した出口のある地下道が続き、簡単にアクセスできるようになっています。

また、この地下道は虎ノ門駅の一番出口にまで続いており、虎ノ門駅利用で森タワーなどに向かう場合でも日射、雨を気にせずに済みます。東京メトロでは虎ノ門ヒルズ駅開業時に一度改札を出場する乗換駅での乗換時間を30分から60分に拡大しており、乗換ついでに買い物や飲食を楽しむこともできるようになりました。

ただ、現時点では虎ノ門ヒルズ駅の両側で2023年の完成を目指してステーションタワーが工事中であるため、いくつか不便な点も。例えば、反対ホームに行くためには一度地上に出て桜田通りを横断する必要があったり、ステーションタワー予定地に作られた出口に出た場合には森タワー、ビジネスタワーまで地上を歩かなくてはいけないなどです。

しかしながら2023年にステーションタワーが完成すれば、現在暫定的にホームと同じ地下1階に設置された改札が地下2階に移動、駅両側に設けられる吹き抜けのある広場を介してそれぞれのビルに繋がることになっており、あともう少し。地下、地上で繋がるだけでなく、地上2階の歩行者通路も計画されているので、ビル間の移動はとても便利になるはずです。

虎ノ門ヒルズ虎ノ門ヒルズ手前の工事中の部分が虎ノ門ヒルズ ステーションタワー。3棟並ぶのは左側から虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー、虎ノ門ヒルズ 森タワー、虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

交通面ではもうひとつ、ビジネスタワーに設置されたバスターミナルも注目を集めています。ここからは都心から晴海や豊洲、お台場などを結ぶ新たな公共交通東京BRT(連結バスを利用した高速運送システム)が発着することになっており、これまでアクセスに多少の難があった湾岸がぐんと近くなります。空港行のリムジンバスの発着も予定されており、都心の新たな交通結節点というわけです。残念ながら現在は新型コロナウイルス対策などの理由から東京BRTの運行開始が延期されており、使われていない状態です。

ビジネスタワーが竣工、
話題の飲食店街には人気店26店舗が集結

虎ノ門ヒルズ左:虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 右:虎ノ門ヒルズ 森タワー虎ノ門ヒルズ 森タワーと虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー間の2階には歩行者デッキが設けられており、快適に移動できる

続いては2020年1月に竣工、6月からは商業施設もオープンしたビジネスタワー。地上36階建て、地下3階の複合タワーで5階以上はオフィス。4階には大企業の新規事業開発に特化したインキュベーションセンター「ARCH」があり、日本独自のイノベーションエコシステムの拠点となることを目指すとのこと。

独自という意味では2階にできた物販フロアはエリア初とか。個人的には1階に1798(寛政10)年に近江国(現在の滋賀県)で創業、1902(明治35)年に虎ノ門で呉服店を創立した老舗呉服店丁子屋さんが入っている点にまちの歴史を感じました。

ちょっと脱線しますが、同様にビジネスタワーと道を挟んで向かい側にある、1872(明治5)年創業の虎ノ門 大坂屋 砂場もこのエリアの歴史を感じる風景のひとつ。1923(大将12)年に建てられた店舗は関東大震災、東京大空襲などにも耐えて現在は国の登録有形文化財です。開発が進んで風景が大きく変わる中、まちのシンボルである愛宕神社はもちろん、変わらないものがあることが虎ノ門エリアの特徴でしょう。

虎ノ門 大坂屋 砂場虎ノ門 大坂屋 砂場三大江戸蕎麦のひとつ、砂場の歴史は豊臣秀吉の時代にまで遡れるとか。近代的なビルの間にあってまちの歴史を感じさせる
愛宕神社愛宕神社徳川家康の命により、防火の神様として祀られた愛宕神社。鳥居の向こうに見えている急な石段「出世の石段」でも有名
虎ノ門横丁虎ノ門横丁引用元:虎ノ門ヒルズ 公式サイト別タブあるいは別ウィンドウでページを開きます
新しいのにどこか懐かしい、路地の風情のある虎ノ門横丁。連日さまざまな年代の人たちが集まっている

本題に戻り、ビジネスタワーで人気は3階にある虎ノ門横丁と名付けられた飲食店街。これまで多店舗展開をしてこなかった東京の名だたる人気店、計26店舗が集まっており、開業早々メディアでも多数紹介されています。

店舗それぞれにオリジナリティがあることに加え、道をテーマにしたフロアでは各店がきっちり壁で囲われておらず、どこか路地、屋台を思わせる開放的な空間であることも話題のひとつ。ところどころに立飲みができる「はしごカウンター」、料理を持ち寄れる「寄合席」などがあり、客同士のコミュニケーションを誘発しようという仕掛けも面白いところです(コロナの影響で使われていない部分もありました)。一人で気軽に短時間で楽しむから、カップルで、グループでじっくり腰を据えて、あるいは、はしごしてなど、使われ方は様々で、幅広い年代が集まっていたのが印象的でした。

レジデンシャルタワーなど
建設中の建物も多数

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー引用元:森ビル 公式サイト別タブあるいは別ウィンドウでページを開きます
遠くからはすでに完成しているかのように見える虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー。現在も下層の工事が続けられている

森タワーに続き、ビジネスタワーが竣工しましたが、虎ノ門ヒルズエリアではまだ建設が続いています。近いところでは2021年1月に竣工予定のレジデンシャルタワー。54階建ての建物の全体像はすでに見られるようになっており、こちらには森ビルの高級住宅ブランド「MORI LIVING」シリーズの最高峰となる住宅が約550戸予定されています。会員制の「ヒルズスパ」も併設されることになっており、立地は言うまでもなく、それ以外のすべての部分で日本トップクラスの住宅が生まれることになるはずです。

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー虎ノ門ヒルズ ステーションタワー引用元:森ビル 公式サイト別タブあるいは別ウィンドウでページを開きます
3年後に完成予定の虎ノ門ヒルズステーションタワー。その頃に完成する開発も多く、街は様変わりしていそうだ

もうひとつ、まだ、建物の姿は見えてきていませんが、2023年7月竣工予定のステーションタワーは地上49階建て、高さ約265mの超高層タワー。前述の虎ノ門ヒルズ駅直結の広場、桜田通り上の歩行デッキなど駅と一体的に開発することでこれからの都市再生のモデルとなることを目指しているそうです。

これらの開発に刺激されてでしょう、虎ノ門エリア周辺では建設現場、建設予定地の看板を多数見ます。規模は様々ですが、ステーションタワーが竣工する2023年までにはまちの風景は大きく変わることでしょう。

それにあたり、思ったことがあります。森タワー、ビジネスタワーともに非常に植栽が豊富で、特にビジネスタワーの下部は緑に見えるほど。これは虎ノ門ヒルズに限らず、周辺の開発に共通するもので、2019年5月に診察を再開した虎の門病院(虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業)、建替え後、2019年9月に開業したホテルオークラも、2020年3月竣工した東京ワールドゲート「神谷町トラストタワー」も緑地をたっぷり取っており、森が生まれたかのように見える場所も。

たとえば東京ワールドゲートでは約5000㎡の緑地空間があり、敷地内には水辺テラスなどもあるとか。このような形での整備が続けば、虎ノ門周辺は都心なのに自然豊かな地になっていくはず。小さな開発でもぜひ、緑を豊富に取り入れていただきたいものです。

虎ノ門ヒルズ 森タワー虎ノ門ヒルズ 森タワー地域のランドマークとして圧倒的な存在感のある虎ノ門ヒルズ 森タワー
虎ノ門ヒルズ 森タワー虎ノ門ヒルズ 森タワー虎ノ門ヒルズ 森タワーの低層部には緑、せせらぎが配されており、木陰も
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー壁面に緑化が施され、階段や通路の幅が広いこともあって公園のように見える
虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー都心、高層階での暮らしが楽しめる虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーの完成は2021年の予定
虎の門病院虎の門病院2019年春にオープンした虎の門病院。敷地内ではタワーの建設が進む
東京ワールドゲート東京ワールドゲート事務所、ホテル、住宅に店舗、インキュベーション施設などが入る東京ワールドゲート
虎ノ門・麻布台プロジェクト虎ノ門・麻布台プロジェクト(アークヒルズ 仙石山からの眺望)高低差のある広大な敷地で行われている虎ノ門・麻布台プロジェクト。ひとつのまちを作るような規模だ

2023年にはステーションタワーだけでなく、神谷町エリアにあるアークヒルズ仙石山森タワーに隣接、六本木ヒルズに匹敵する規模の虎ノ門・麻布台プロジェクトも竣工する予定。虎ノ門から神谷町にかけての開発計画が始まった時には遠い未来のように思いましたが、残りはあと3年。その日のまちの姿が楽しみです。

【文・構成】

中川寛子(なかがわひろこ)
借りる、買う、貸す、建てるなど、住まいに関する雑誌、書籍、インターネットなどの編集に携わること20数年。
長らく表参道に暮らし、都心居住の快適さを身をもって実感している。All About「住みやすい街選び(首都圏)」ガイド。

関連リンク

今回ご紹介した物件

  • 虎ノ門ヒルズレジデンス

    住所
    東京都港区虎ノ門1
    最寄駅
    日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅 徒歩1分 他

おすすめコラム

  • 水辺立地に緑の環境、最先端設備……、東京ポートシティ竹芝に見る「これからの暮らし」
    Vol.89
    2020/11/04
    水辺立地に緑の環境、最先端設備……、東京ポートシティ竹芝に見る「これからの暮らし」
    • Mansion
    • Facility
    • Lifestyle
    • Area
    • Development
  • 西新宿でゆったり。広さと使い勝手にこだわったDマークス西新宿タワー
    Vol.87
    2020/06/09
    西新宿でゆったり。広さと使い勝手にこだわったDマークス西新宿タワー
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
  • ザ・パークハビオシリーズに新築6棟が誕生。都会で働き、遊び、やすらぐ人のための快適・最適空間とは?
    Vol.86
    2020/05/14
    ザ・パークハビオシリーズに新築6棟が誕生。都会で働き、遊び、やすらぐ人のための快適・最適空間とは?
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
    • Lifestyle
    • Area
  • 全方位に便利、快適、安心。 「ラ・トゥール新宿アネックス」が女性に選ばれる理由
    Vol.85
    2020/03/06
    全方位に便利、快適、安心。 「ラ・トゥール新宿アネックス」が女性に選ばれる理由
    • Mansion
    • Facility
  • 高級賃貸のリニューアル事例。新生・六本木グリーンテラスの意図を聞く
    Vol.84
    2019/11/18
    高級賃貸のリニューアル事例。新生・六本木グリーンテラスの意図を聞く
    • Mansion
    • Facility
  • 申込み殺到であっという間に満室、 HAMACHO APARTMENTSの魅力を徹底検証
    Vol.83
    2019/06/17
    申込み殺到であっという間に満室、 HAMACHO APARTMENTSの魅力を徹底検証
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
  • 選択肢豊富なラ・トゥールシリーズに注目
    Vol.82
    2019/03/18
    選択肢豊富なラ・トゥールシリーズに注目
    • Mansion
  • 上質さが基調の東急住宅リースのブランド「LIBR GRANT」誕生
    Vol.81
    2018/11/13
    上質さが基調の東急住宅リースのブランド「LIBR GRANT」誕生
    • Mansion
    • Area
  • 子育て世帯に嬉しい条件揃いの大崎ガーデンレジデンス
    Vol.80
    2018/10/15
    子育て世帯に嬉しい条件揃いの大崎ガーデンレジデンス
    • Mansion
    • Area
    • Development
  • 家具付き賃貸とは大きな違い。 サービスアパートメントを徹底解剖。
    Vol.79
    2018/05/09
    家具付き賃貸とは大きな違い。 サービスアパートメントを徹底解剖。
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
    • Lifestyle
    • Area
    • Disaster prevention

コラム一覧に戻る