TokyoRentコラム

Vol.91緑と空を満喫できる
閑静な高台に立地、
「瀬田の杜 Garden&Terrace」
の豊かさを実感

  • Mansion
  • Facility
  • Equipment
  • Area
  • History
瀬田の杜 Garden&Terrace

04/09/2021

「瀬田の杜 Garden&Terrace」が立地する世田谷区瀬田という街をご存じでしょうか。世田谷区屈指の人気を誇る二子玉川駅の北側にあり、縄文時代前期の貝塚が見つかっているほど古くから人が住んできた、居住に適した地です。その地に建つ「瀬田の杜 Garden&Terrace」もまた、多くの魅力を持つ住まいです。

利便性、住環境をともに備えた立地

「瀬田の杜 Garden&Terrace」の最寄り駅は東急田園都市線、同大井町線が交差する二子玉川駅。ご存じの通り、駅周辺には大規模で洗練された商業施設が並び、平日にも多くの買い物客が訪れる人気スポットです。その一方で商業施設の眼前には都内有数の癒しスポット多摩川が悠々と流れ、晴れた日には富士山を臨むこともできます。利便性と環境の良さ、ともすれば矛盾する要素が無理なく両方手に入る地域、それがこのエリアです。

たとえば、前述の二子玉川駅へ10分ほどで行けるのに加え、田園都市線の用賀駅、大井町線の上野毛駅へもそれぞれ10数分。ちょっと足を伸ばせば砧公園、等々力渓谷があり、通勤、買い物も、リラックスタイムも叶います。

足回りでは首都高速3号渋谷線の用賀出入口、東名高速道路の東京インター、第三京浜の玉川インターが近く、都心はもちろん、海や山、温泉に出かけるにもすぐです。二子玉川駅からは羽田、成田両空港へのリムジンバスが発着しています。買い物では自由が丘や渋谷、表参道が現地からで30分ほどでしょうか。

お子さんがいらっしゃるご家庭なら隣と言えるほどの距離に幼稚園、小学校、中学校が揃い、インターナショナルスクール2校も近所という条件も魅力でしょう。本当に何でも揃う立地なのです。

周辺案内図周辺案内図現地は二子玉川駅からは少し都心寄り、高台に立地する。周辺には商業施設のほか、学校も多い

世田谷区内新築という希少性

そして現地ですが、周囲を見晴らせる高台となっています。その眺望のすばらしさは江戸時代に玉川八景と謳われたほどとか。「瀬田の杜 Garden&Terrace」の近くにある行善寺境内には「玉川八景」だった歴史を伝える碑が建てられており、現在も「せたがや百景」として選ばれてます。

世田谷区内の新築自体も希少ですと語るのは東急住宅リース株式会社ソリューション事業本部営業推進部営業推進グループの五十嵐拓馬氏。「世田谷区は古くから住宅地として開発されてきたため、全体として住宅の新しい供給の少ないエリアです。どの賃料帯でも物件数がなく、特に瀬田ではファミリー向きの広い住宅はほとんどありません。強いて挙げるとすると二子玉川駅前のタワーマンションですが、駅前なので静けさ等の住環境は期待しにくいところがあります」。

二子玉川二子玉川二子玉川駅近くの兵庫島公園から商業施設、タワーマンション方面を臨む。家族連れには人気のスポットのひとつ

地元の人に愛された瀬田モダンゴルフが住宅に

現地には2017年まで瀬田モダンゴルフという創業から50年続いたゴルフ練習場があり、地元の方々にはよく知られた存在。老朽化などのため、住宅として生まれ変わることになったのですが、訪れてみてびっくりしたのはその広さです。

二子玉川駅から徒歩でアプローチすると最初に見えてくるのはガーデンコート、テラスコートの二つの敷地のうちのテラスコート。その角を曲がると左右、正面に整然と統一感のある建物が並び、まるでひとつの街区がすべて「瀬田の杜 Garden&Terrace」に見えるほどなのです。

しかも、建物の前には広い駐車場が取られており、道路幅もたっぷり。建物がマンションでも3階建てと低層であることもあって、街区の中央に建つと23区内にいるとは思えないほど空が広く感じられます。加えて敷地周辺には区の保存樹木が多くあり、敷地内にも様々な木が植えられていることから緑も豊富。駅前の喧騒からほんの少し離れただけで、これほど豊かな場所があることに驚きです。

近年、住宅を選択する際の優先順位は利便性に偏っていましたが、家にいる時間が長くなったことから環境を重視する人が増えていると聞きます。これまでよりも環境にこだわりたいと思う人なら、「瀬田の杜 Garden&Terrace」の静かで落ち着いた佇まいに心惹かれるものがあるのではないでしょうか。

敷地図敷地図道を挟んで向かい合うテラスコートとガーデンコート、2つの敷地に分かれており、テラスコートはタウンハウス、ガーデンコートは加えてマンションも

住宅はタウンハウス、マンションの2種類

住宅は全54戸。マンション28戸とタウンハウス4棟、26戸になっており、マンションは74.60㎡の2LDKから169.24㎡の3LDKまで、タウンハウスは82.32㎡の2LDKから137.22㎡の3LDKまでが用意されています。広さに幅があるだけではなく、間取りは33タイプあり、しかもそれぞれに工夫が凝らされています。図面を見ると縁側テラス(マンション)、ライブラリースペース、土間(タウンハウス)など、普通にはないようなスペースが設けられている部屋もあり、どんな部屋なのか、わくわくしてしまいます。

外観 マンション(A棟)外観 マンション(A棟)エントランス側から見たマンションA棟。自然に溶け込むすっきりした外観
外観 タウンハウス(C棟)外観 タウンハウス(C棟)タウンハウスC棟の外観。建物前には駐車場があり、利用しやすい

ガーデンコート中央には防災にも役立つこもれび広場

こもれび広場こもれび広場(2021年2月撮影)ガーデンコート中央にあるこもれび広場は建物からは借景として楽しめ、防災にも役立つ場としてデザインされている

最初にガーデンコート中央にあるこもれび広場から見ていきましょう。ガーデンコートはA棟とタウンハウスのB棟、C棟が敷地外周に建てられており、中央にはこもれび広場と名付けられた中庭があります。

芝生にベンチのあるゆったりした広場には災害時に備えて防災井戸やマンホールトイレなども用意されており、暮らしの安心を守る場としても機能します。もうひとつの敷地、テラスコートの住民も庭には入れるようになっており、静かに散策を楽しめる広場です。

収納充実、気配り万全のマンション住戸

見せていただいた部屋を順にご紹介しましょう。まずはガーデンコートにあるマンションのA棟です。マンションはエントランスを入ると木の壁の、自然豊かな世田谷区らしい空間となっています。

エントランスホール(A棟)エントランスホール(A棟)マンションA棟のエントランス。ナチュラルな雰囲気が特徴

そこから3階へ上がり、123.52㎡の3LDK、Eタイプを見せていただきました。リビングダイニング21.9畳、主寝室9.0畳に6.7畳が2室という部屋の広さに加え、羨望を覚えたのは収納の充実ぶり。

玄関脇にはトランクルーム、玄関にはシューズインクローゼット、キッチンにはパントリー、洗面室にはリネン庫、廊下にも随所に物入があり、居室には部屋の広さに応じてウォークインクローゼットやクローゼット。欲しいと思う場所に収納が作られているのです。

この部屋は中庭ではなく、街に向いてバルコニーがあるのですが、素晴らしかったのはリビング正面の欅の巨木 。世田谷の原風景が目の前にあるわけで、季節ごとに変わる葉の彩りが楽しめることでしょう。

リビングダイニング(A棟Eタイプ)リビングダイニング(A棟Eタイプ)たっぷり高さのある窓があるため、明るいリビング。低層住宅街のため、眺望を遮るものもない
キッチン(A棟Eタイプ) キッチン(A棟Eタイプ)独立型4.4畳のキッチンの奥にはパントリーが用意されている
パウダールーム(A棟Eタイプ) パウダールーム(A棟Eタイプ)ダブルシンク、白を基調にした清潔感のあるパウダールーム
ウォークインクローゼット・シューズインクローゼット(A棟Eタイプ)ウォークインクローゼット・シューズインクローゼット(A棟Eタイプ)主寝室にはウォークインクローゼット、玄関にはシューズインクローゼットがある

マンションではもう一部屋、縁側テラスのある部屋も見せていただきました。こちらは85.40㎡のBタイプ、2LDKで縁側テラスは17.0畳のリビングの窓際にある3.8畳のスペース。ガラスの入った縦格子の引き戸で仕切ることもできる日当たりの良い場所で、床暖房も用意されています。サンルームとしてリラックスの場、植物を育てる場として使うのも良し、中庭の緑を楽しみながらテレワークに使うという手も。ガラスの引き戸という付かず離れずの距離感が絶妙でした。

この部屋ではリビングの収納も目を惹きました。中央はテレビが置けるようになっていますが、それ以外はすべて収納。散らかりがちなリビングですが、これだけの収納力があれば、すっきり暮らせるでしょう。

リビングダイニング(A棟Bタイプ)リビングダイニング(A棟Bタイプ)右側の縦格子の先が縁側テラス。庭を臨む気持ちの良い空間。左側壁面の収納にも注目

メゾネットで独立感、勝手口もあるタウンハウス

リビングダイニング(タウンハウス)リビングダイニング(タウンハウス)タウンハウスの天井の高さが圧倒的なリビング。天窓からも光が入る

続いてはタウンハウスを見ていきましょう。タウンハウスは2戸連棟となっており、それぞれが角部屋ということになります。最初に見せていただいたのはテラスコートにある、もっとも広い137.22㎡の3LDKです。

玄関を入ると正面の廊下の先に扉が見えます。何だろうと歩いていくとそこにはもうひとつの玄関があり、その向こう、南側には広いテラス。テラスに面しては主寝室となる8.0帖の洋室があり、緑を眺める気持ちの良い目覚めを迎えられそうです。1階には主寝室のほか、水回り、トイレと6.3畳の洋室があります。

テラス(タウンハウス)テラス(タウンハウス)8.0畳の主寝室に面した広いテラス。南向きで日当たりも良好
主寝室(タウンハウス)主寝室(タウンハウス)主寝室から見たテラス。アクセントクロスがシックな印象
玄関・トランクルーム(タウンハウス)玄関・トランクルーム(タウンハウス)タウンハウスもB棟、C棟を除き、玄関脇にはトランクルームが用意されており、玄関回りはかなり広め。花を飾るなどすれば一戸建て気分が味わえそうだ

2階は陽光のたっぷり入る、天井の高い28.2畳のリビングがあり、その広さ、開放感は圧倒的。キッチンの奥には6.5畳の洋室が用意されています。また、2階にも洗面スペースがあり、これはタウンハウスの他の間取りにも共通。清潔さが求められる時代には必要な、あってうれしい設備です。

もうひとつ、素晴らしいと思ったのは階段上部の作りです。メゾネットでは階段から熱が逃げてしまい、冷暖房効率が下がることがあります。ところが「瀬田の杜 Garden&Terrace」では可動式のドアが用意されており、開放して広々と使うことも、壁を1面作ることも、さらにドアを閉めて全く熱を逃がさないようにすることも簡単にできるのです。住んだ後のことを具体的に想定、設計されているというわけです。

キッチン(タウンハウス)キッチン(タウンハウス)4.2畳と広めのカウンター式キッチン。冷蔵庫置き場の隣にはパントリーが用意されている
洗面スペース(タウンハウス)洗面スペース(タウンハウス)2階のトイレの向かいに用意された洗面スペース。1階、2階のどちらでも手を洗えるようになっている
階段(タウンハウス)階段(タウンハウス)階段上部に設置された可動式のドア。写真はスライドドアだけを利用した状態だが、さらに壁面のドアを閉めれば階段を通じて熱が逃げることがなくなる

ライブラリーや土間、防音室のある部屋も

タウンハウスではもう一部屋、ガーデンコートにある、124.64㎡の2LDKも見せていただきました。ここには2階のキッチンの裏にライブラリースペースと名付けられた3.9畳の空間があります。

見せていただくとドアはないものの、リビング側からは直接見えない、隠れ家のような空間となっており、2面の壁にはオープンな棚がしつらえられていました。書斎、仕事部屋としてはもちろん、読書や趣味を楽しむスペースとしても使えそうで、暮らす楽しみが広がります。

この部屋にはキッチンの脇にDENもあり、こちらもどう使うか悩みそう。さらにリビング脇のカウンターは下部が収納になっており、たっぷりの収納力。これだけの収納があれば家族ごとに場所を分けて使うこともできそうです。

ライブラリースペース(タウンハウス)ライブラリースペース(タウンハウス)3.9畳のライブラリースペース。収納豊富で隠れ家的な空間になっており、いろいろな使い方ができそう
DEN(タウンハウス)DEN(タウンハウス)リビングのカウンダー下部はすべて収納。さらに写真奥の窓に面した部分はDENになっている

ライブラリースペース、DEN以外ではテラスに面して土間のある部屋、防音室のある部屋などがある他、1階に店舗、2階を住まいにできる住戸も2戸あります。

地元からの問い合わせ殺到

さて、これだけの魅力のある「瀬田の杜 Garden&Terrace」ですが、地元で長らく愛されてきたランドマークの建替えだけに注目度は高く、近隣からの問い合わせが多数寄せられています。

「特にお子さんがいらっしゃるファミリーからの関心が高く、2021年2月末の竣工から半月ほどでかなりの問い合わせ、申し込みを頂いています。さまざまな希少性が重なった物件だけに二度と出ないという言葉がふさわしく、ここに住みたいと熱望する方が少なくないのです」(五十嵐氏)。

立地や歴史に加え、現地に行けばもちろん、図面を見ているだけでも住み心地、配慮が分かる住まい。チャンスがあればぜひ住んでみたい物件です。

パノラマ

こもれび広場こもれび広場
マンション(A棟Eタイプ)マンション(A棟Eタイプ)
マンション(A棟Bタイプ)マンション(A棟Bタイプ)
タウンハウスタウンハウス※コラム内でご紹介した部屋の反転タイプ

【取材協力】

東急住宅リース株式会社

【文・構成】

中川寛子(なかがわひろこ)
借りる、買う、貸す、建てるなど、住まいに関する雑誌、書籍、インターネットなどの編集に携わること20数年。
長らく表参道に暮らし、都心居住の快適さを身をもって実感している。All About「住みやすい街選び(首都圏)」ガイド。

今回ご紹介した物件

  • 瀬田の杜 Garden&Terrace

    住所
    東京都世田谷区瀬田2
    最寄駅
    田園都市線 二子玉川駅 徒歩12分 他

おすすめコラム

  • 吉祥寺の人気スポットを我が家の庭に「ル シエル 井の頭公園」唯一無二の魅力
    Vol.90
    2021/03/11
    吉祥寺の人気スポットを我が家の庭に「ル シエル 井の頭公園」唯一無二の魅力
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
  • 水辺立地に緑の環境、最先端設備……、東京ポートシティ竹芝に見る「これからの暮らし」
    Vol.89
    2020/11/04
    水辺立地に緑の環境、最先端設備……、東京ポートシティ竹芝に見る「これからの暮らし」
    • Mansion
    • Facility
    • Lifestyle
    • Area
    • Development
  • 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーに虎ノ門ヒルズ駅も完成、全貌が見えてきた虎ノ門エリアの今
    Vol.88
    2020/09/08
    虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーに虎ノ門ヒルズ駅も完成、全貌が見えてきた虎ノ門エリアの今
    • Mansion
    • Area
    • History
    • Development
  • 西新宿でゆったり。広さと使い勝手にこだわったDマークス西新宿タワー
    Vol.87
    2020/06/09
    西新宿でゆったり。広さと使い勝手にこだわったDマークス西新宿タワー
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
  • ザ・パークハビオシリーズに新築6棟が誕生。都会で働き、遊び、やすらぐ人のための快適・最適空間とは?
    Vol.86
    2020/05/14
    ザ・パークハビオシリーズに新築6棟が誕生。都会で働き、遊び、やすらぐ人のための快適・最適空間とは?
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
    • Lifestyle
    • Area
  • 全方位に便利、快適、安心。 「ラ・トゥール新宿アネックス」が女性に選ばれる理由
    Vol.85
    2020/03/06
    全方位に便利、快適、安心。 「ラ・トゥール新宿アネックス」が女性に選ばれる理由
    • Mansion
    • Facility
  • 高級賃貸のリニューアル事例。新生・六本木グリーンテラスの意図を聞く
    Vol.84
    2019/11/18
    高級賃貸のリニューアル事例。新生・六本木グリーンテラスの意図を聞く
    • Mansion
    • Facility
  • 申込み殺到であっという間に満室、 HAMACHO APARTMENTSの魅力を徹底検証
    Vol.83
    2019/06/17
    申込み殺到であっという間に満室、 HAMACHO APARTMENTSの魅力を徹底検証
    • Mansion
    • Facility
    • Equipment
  • 選択肢豊富なラ・トゥールシリーズに注目
    Vol.82
    2019/03/18
    選択肢豊富なラ・トゥールシリーズに注目
    • Mansion
  • 上質さが基調の東急住宅リースのブランド「LIBR GRANT」誕生
    Vol.81
    2018/11/13
    上質さが基調の東急住宅リースのブランド「LIBR GRANT」誕生
    • Mansion
    • Area

コラム一覧に戻る